荒涼

アーティスト大貫妙子
作詞大貫妙子
作曲大貫妙子
鉄道沿いの海岸線に
よせくる流氷 光のいかだ
風が泣いている 入れておくれと
古びた列車の窓の隙間で

いくどこの景色に
会いに来たでしょうか
何も思わず
たたずんでみたくて

春の便りはその名ばかりで
薄ずみ色したさい果ての海
私の捨てた哀しい恋よ
遠くへ遠くへ流れていって
遙かなロシアのしんきろうへと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加