Feed Back

アーティストCaravan
作詞Caravan
作曲Caravan
西へ行く道の彼方に沈む太陽 ぬけがら一つ残して次の空へ
窓辺に映るは荒涼と期待の風景 たてがみ なびかせたライオンの眼差し

出会った人 愛すべき運命と その全てがガソリンとエンジンさ
振り返れば そこに広がる絵の様な 色褪せない日々だ

ざわめく街を背に 飲み干したアイスコーヒー
飛び交うノイズの中 響いた静寂
時に傷跡は 風に吹かれ 疼きだすんだ 喜び悲しみ 僕なら欲のカタマリ

愛して欲しい 抱きしめて欲しい
忘れないで欲しい 忘れ去って欲しい
青い季節は 過ぎ去ったはずだろうって笑う 悪戯な夜の風

あの夏の光 胸焦がすメロディー
香る雨上がり はしゃいだ子供の群れ
すれ違う老人に 舞い降りた幻影に
消えて行く街灯に 群がる夢を見てた

答えが無いって それが答えだって 気付いてたんだ おどけたフリをして
やがては僕ら 形じゃなくなって 心に居場所を求めて行く

夢見てた永遠に 5分後の運命に 今という瞬間に つながる未来を見てた
真夜中のダンスミュージック 音のかけら達
鳴り響くフィードバックに 消え去る孤独を感じた

あの夏の光 胸焦がすメロディー
走り去るフリーウェイの彼方に 聴こえた夜明けの音
鳴り止まぬフィードバックの様

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加