ライラック

アーティストBLANKEY JET CITY
作詞浅井健一
作曲浅井健一
真冬にコートを着込んで 友達と2人で いろんな話をしながら
道を歩いて行くのは 好きだな 冷たい風が吹く Oh
明るい光の中で 吐く息は真っ白さ
ところどころ雪が残ってる乾いた道を 両手はポケットに 襟をたてて歩いて行く
まだ昼の12時過ぎさ クリスマスの4日ぐらい前
その友達はきれいな心を持ってる
鼻を赤くしながら 楽しそうに話してる

Oh Oh Oh Ohオレは時々嬉しすぎて Oh Oh Oh 道路標識を蹴っとばすほどさ

ライラックってどんな花 時々耳にするけど どんな花なのか知らない
花なんて 昔からどうでもよかったのに
でも ライラックってどんな花だろう
たぶん赤くて 5cmくらいの冬に咲く花
そんなに人気はない花だと思うけど

Oh Oh Oh それを胸に差し込んで Oh Oh Oh 想像することができるかい
Oh Oh Ohきれいな夕日に染まってる Oh Oh Oh 花びらが 冷たい風の中さ

近くで見ると 赤がオレンジに見えるところがあって 小さく揺れてる
おもいっきり息を吸い込んでみなよ 乾いた唇を閉じたまま
冷たい風と一緒に 花の匂いが体中に広がってゆくのがわかるだろう
明るい光の中で 吐く息は真っ白
Oh

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加