最後の羅針盤

アーティスト熊木杏里
作詞熊木杏里
作曲熊木杏里
昨日までが 変わってく
今日の私 息をする
見慣れたのは 過去の夢
次の居場所 探している

約束では つくれない
願い事を 人はして
明日の続く その限り
命の唄 歌うだろう

太陽が沈んでも 花火のように
打ち上げよう
暖炉のように 人が集まる
そんな人にいつかなるために

私の視線は ナイフのように
ただ一点に つきささる
だれにも見えない 景色だろうと
でも自分だけは 信じてゆくだろう

忘れられた 思い出が
時の中を 旅してる
とりもどして 人はまた
風のように 生きてゆく

胸の中 残されて ボートのように
ゆれていても
進む途中で 捨ててゆくもの
行く先さえも 変えてゆけるもの

まわりの視線に ふりむかないで
ただ一点を めざしてく
いろんな未来に 出会うとしても
でも自分だけが 最後の羅針盤

私の視線は ナイフのように
ただ一点に つきささる
だれにも見えない 景色だろうと
でも自分だけは 信じてゆきたい

まわりの視線に ふりむかないで
ただ一点に かけてみる
いろんな未来に 出会うとしても
でも自分だけが 最後の羅針盤

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加