夕暮れの街 (w.h.b.f version)

アーティストゆーきゃん
作詞ゆーきゃん
作曲ゆーきゃん
木曜日の風は退屈さを乗せて
迎えに来たのはどこの誰 東の街まで行くの、ねえ
とにかく僕は途中で降りる 夕暮れの中に残りたい
約束の場所 どこか忘れて 数えられない時のなかに
運転席にすわるあの子は少し苛立って
バックミラー越しの金色も眩しいだけみたい
憧れ幾つ並べてみても 掻き消すくらいの光の鏡
慌ただしさと乾いた瞳 叩き割っている

ああこんな西の空たった五分だけでも 立ち止れば

退屈さを知らせ クラクションは響く
迎えに来たのはどこの誰 東の街まで行くの、ねえ
どんなに速いスピードも振り落とせないよ あの影は
それよりここで僕は降りるよ
夕暮れの中に残りたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加