詩月

アーティストゆーきゃん
作詞ゆーきゃん
作曲ゆーきゃん
惜しみなく奪って 惜しみなく与える
惜しみなく散る桜 踏みしめる夜の闇
遅い春がこのまま僕らを抱きしめるなら嘘も罪も憎しみも
全部許しあえるだろう
真っ白な月が照らす誰も居ない広場から
真っ白な月が照らす晴れた世界 夜明けまで

息をするその度に生き急ぐ花のように
惜しみなく狂おしく今だけを愛してる
真っ白な月が照らす誰も居ない広場から
真っ白な月が照らす影の向こう 夜明けまで
詩月の始め 最後の凍え
寄り添ってその答えを探す
たとえば今夜待ちくたびれた迎えに来てよ 真夜中の天使たち

惜しみなく奪って 惜しみなく与える
惜しみなく散る桜 今だけは抱きしめてよ
真っ白な月が照らす誰も居ない夜明けまで
嘘も罪も惜しみも許し合えた夜明けまで
花冷えの空ふざけたそぶり
不確かなまま答えを話す
もう少しだけ夜空を染めて 時間を止めて 謳わない天使
あまりに早く辿り着いても朝までここで希望を飾る
例えば今夜待ちくたびれた迎えに来てよ嘘つきな天使たち

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加