ユメノサキ

アーティストV6(20th Century)
作詞KOMU
作曲Shingo Asari
あの頃夢中で追いかけたボールの先
どこまでも転がる様に世界は無限だった

果てしない夢ばかり思い浮かべてた
終わりのないストーリーを語り明かしては また夢を見て

あれから僕ら大きかった空が昔より小さく感じたり
よく晴れた朝に考える計画も変わってきたけど
握りしめてたボールの縫い目も 微かだけどまだ思い出せる
何かを追い求める心の熱を忘れた訳じゃない

世界の終わりさえ予感したあの瞬間
初めての彼女に想いを告げる直前

果てしなく先の事 二人の未来を
子供の名前だとか 娘がいいとか 争っていた

あれから僕ら今にしてみれば なんて事ない理由で別れた
きっと二人 得体の知れない不安に耐えられずにいた
いくつか恋を重ねる度に 無理な期待は押し付けない様になったけれど
決して冷めた恋を選び愛したりはしない

あれから僕らいくつもの夢を描いて破れ繰り返して
時に夢は綺麗な事ばかりでも無かったけれど

あれから僕ら大きかった空が昔より小さく感じたり
よく晴れた朝に考える計画も変わってきたけど
握りしめてたボールの縫い目も 微かだけどまだ思い出せる
何かを追い求める心の熱を忘れた訳じゃない

これから僕ら変わりゆく時間の中できっとまた夢を見る
あの頃の僕が描いてた未来の夢のその先へ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加