彼方

アーティストナナムジカ
作詞ナナムジカ
作曲岡ナオキ
ため息飲み込む 風の吹く帰り道
背中に翼が 無い事を知ったあの日

独りの夜に襲われても
涙を乾かすしかない
月も星も届かないから
人は手を伸ばす

いつも走り続けて行く事が
いつか全てにつながるのならば
もう二度とうつむかないから
きっと瞳が見つめる彼方へ
夢を運べる日が来ると思う
いつだって愛か押し寄せる 場所へ

心のままには 生きてはいけないのか?
汚れたこの手は 本当にキタナイのか?

流されてゆく人の渦に
感情さえ忘れるけど
心から笑える日々を
きっと見つけよう

いつか生まれ変わることできても
私は私を選んでいたい
悲しみと愛を引き換えに
鏡の中に映った瞳を
まっすぐ見つめていられるように
この朝に約束をしたら 行こう

小さな石につまずいても
優しさが枯れそうな日も
どこまでも行ける強さが
あると信じたい

いつも走り続けて行く事が
いつか全てにつながるのならば
もう二度とうつむかないから
きっと瞳が見つめる彼方へ
夢を運べる日が来ると思う
いつだって愛か押し寄せる 場所へ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加