桜唄

アーティストRYTHEM
作詞新津由衣
作曲新津由衣
桜 舞い落ちてゆく 空からはがれるように
あなたといた思い出は ずっとぎゅっと抱きしめてるから

桜舞い落ちてゆく さらって一つ残らず
心真っ白なまま 今年もここに来ているよ

そっと横を通る風が 思い出を連れてく
どんなことだって二人なら越えてゆけると言っていたのに

桜唄うたいながら あなた呼ぶ私は一人
来年は どんな色した桜が咲いていると思う?

"触れた小指同士を このまま結んでしまいたい"
思わず息を止めてた あの日が昨日のことのよう

ふっと真上に浮かぶのは 満開の花びら
待ってたってもう誰も来ない 揺れる思いは置いてきたんでしょう

桜唄うたいながら あなたを待つ私は一人
この恋が教えてくれた 平凡な日々こそ愛と

「じゃあね、さよなら」と喉の奥まで突き刺すようにあなたの声が
桜散らないで 記憶にしないで
わかってるけど
気付いているけど

桜唄うたいながら 永遠なんてないと知った
悔しくて切ないけれど この恋は笑顔のままで

桜唄うたいながら あなた呼ぶ私は一人
悔しくて切ないけれど 明日には笑えるように

春風に最後のうたを・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加