ゼロの答

アーティストUVERworld
作詞TAKUYA∞
作曲
たとえば明日がこないとしたら
僕が生きた過去も今も
ゼロになり
無意味な物になるのかな?
時間の上を立ち止まり 君が問いかける

雪が溶けて消えるように
僕の命も終わりがあって
だからこそ 輝ける

僕らの 見えない未来
強く生きて 最後は笑っていたいから

うわべの友情や愛情なら
僕はもういらない
人は死ぬ前に何かを
思い出すというのなら
僕は人を愛したことを思い出すだろう

雪が溶けて消えるように
僕の命も終わりがあって
だからこそ 歌える

僕らの 見えない未来
光放ち始める
just be dreaming, shining

青空が最後につけた言葉の色
僕に答えをくれた
a life is mine (この人生は僕のもの)

考えすぎ ためらいの後悔
何もしないよりは
充実の後悔を

いつまでも 続けと願っても
僕の命は終わりがあって
だからこそ 輝ける

今と向き合う意味を
声をからし 叫んでるから

僕らの生きていく世界は
毒もあって 時に愛も踏みにじられる

それでも 最後の日に
愛されたことも思い出せますように

青空が最後につけた言葉の色
僕に答えをくれた
a life is mine (この人生は僕のもの)

考えすぎ ためらいの後悔
何もしないよりは
全てをかけて生きたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加