パピエ

アーティスト森山良子
作詞松井五郎
作曲森山良子
まだ覚えていますか
はじめて出逢った日のこと
そこは坂道 陽だまりで
ふれたまなざし

時がどこへ ゆくのか
あの頃はまだ知らずに
やさしい声に 身をあずけ
夢を見ていた

いつも いつも 風に吹かれながら
いまも いまも 心だけは 変わらないまま
めくりめくる日々は ただ白い頁
涙のあとも 覆うように 明日へ続く

たそがれどき 窓辺に
灯る明かりが つながる
路地をまがれば あなたにふと
逢える気がする

たったひとりくらいなら
思い続けてもいいでしょう
空にひろがる 星よりも
夜はみじかい

いつも いつも 道に迷うけれど
どんな ときも 心だけは そばにあるから
巡り巡る日々に それぞれの思い
いまのわたしを 見かけてくれたなら いいのに

いつも いつも 風に吹かれながら
いまも いまも 心だけは 変わらないまま
めくりめくる日々は ただ白い頁
涙の痕も 覆うように 明日へ続く
いつかどこかで 見かけてくれたなら いいのに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加