蛍火

アーティスト須藤まゆみ
作詞椎名豪
作曲椎名豪
あれからどのくらい 時が経ったのだろう
今はもう地下鉄の 新しい駅ができて

あの頃は 夜の9時になると 音をたて工事していたね
それが 待ち合わせのいつもの合図のように
ふたり 息をきらし走ってたね

白く光る淡雪さえ とけないほどに寒い
そんな夜に出会った
かじかむこの手にぎり、「寒い?」と笑った君は
今はもうここにいない
あでやかに咲き消えてしまう蛍火

明け方の西空 何かに飲み込まれ
星たちは消え去り まばゆい力 生まれ

前は 朝になるとすぐに 不安がやってきたんだよ
今は 悲しいけどそれがない分少しだけ
ホントほっとしているんだけど

白く冷たい頬に 最後の死(はな)かざるとき
遠く君をみていた
なぜ、みんなが泣き出し 今別れを告げるこのとき
一人ぽつんとしていた
まるで海に咲くとても小さな和火

白く光る淡雪さえ とけないほどに寒い
そんな夜に出会った
かじかむこの手にぎり、「寒い?」と笑った君は
今はもうここにいない
あでやかに咲き消えてしまう蛍火

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加