追憶の雨

アーティスト堂本光一
作詞Satomi
作曲堂本光一
雨音が 窓打ちつける朝は
目醒めると 頬に残った涙の
ひとすじの痕跡 胸の何処かで
貴女の残像 ひとりで探し求めた証

忘却の湖へと沈めた はずなのに・・・
貴女と過ごした日々が
甦るのは 忘れたフリを
繰り返しながら
自分をいつもごまかしたから?

あの日サヨナラを
交わせたなら・・・きっと
こんなにもやり場のない
痛み知らずに

この胸を撃つ
追憶の雨は
貴女を愛している
証だと 今、気付いた

あの日から この傷心を癒すため
いくつもの 恋をしてきたのだろう
胸の痛みを 繕うように
気付かぬ素振りで
自分をいつもごまかしていた

あの日サヨナラを
最後に言えなかった
貴女の胸の叫び
聞こえてたのに・・・

思い出すたび
追憶の雨は
未だに降り止まない
永遠に降り止まない

この地上に残された人達は
今は亡き 貴女と共に生きよう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加