フィギュアになりたい -re painted version-

アーティスト桃井はるこ
作詞桃井はるこ
作曲桃井はるこ
あっという間に 太陽は傾き
夕暮れの色
大きなドア 差し込む光に舞う埃を
ただ見てた

おしまいのアナウンス
ざわめきが拍手に変わって
ずっと前から楽しみだった
今日が終わるの

スカートのすそ
ぎゅっとつかんだ・・・

わたし フィギュアになりたい
1/12くらいの
そして あなたのバッグに
そっとまぎれてついていきたい
ひとりくらい 増えていても
きっと気づかない

帰り道は 同じ方向なのに
二人になると
だまりこんだ あなたのスニーカーを
見つめているだけ

仲間達 笑いあう
冗談にとりのこされてた
「わからなくてもいいんだよ」というの
少し悲しい

ごめんねわたし
妹じゃない・・・

わたしフィギュアになりたい
等身大のままでもいい
そして素直なあなたと
ふたりきりで見つめあいたい
今はまだ 言えないけど
いつか伝えたい

次に会える日まで
わたしがんばるから

わたし フィギュアになりたい
1/12くらいの
そして あなたのバッグに
そっとまぎれてついていきたい
ひとりくらい 増えていても
きっと気づかない

あなたは気づかない
わたしに気づかない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加