亡國覚醒カタルシス

アーティストALI PROJECT
作詞宝野アリカ
作曲片倉三起也
嘆キノ壁ハ 積ミ上ゲラレテ
愚カノ神ハ 奉ラレル

生きるは毒杯 杞憂の苦しみを
飲み干す術を誰が授けよう
太陽に棲むと云う賢者の鷲
羽搏きだけが谺する

この双つの眸に宿った
闇と光 その何方で
僕は未来を
見つめるべきなのだろう

渇き切った瓦礫の街
点と線を繋ぎ合わせ
意味など無い事ばかり
溢れてゆく

炎のごとき孤独
抱く體 鎮めては
暗渠へと滴ってく雫

掲げる毒杯 この生は満ちても
焦がれる死の夢は流れ着く
砦に喰い込む爪 孤高の鷲
羽搏きだけ 舞い上がる

あの蒼穹に磔刑にしてくれたまえ
天と地が結ぶ場所に僕は立つ

花実のような記憶たちは
焼かれ爛れ抜け殻だけ
あの日の魂は
何処へ行ったのだろう

冷たい膚 寄せて触れて
胸の傷と傷を合わせ
再び辿るべき地図
ここに刻む

世界は見えぬ翼
その黒影に隠された
純白の一羽 射止めよ

生きるは祝杯 口移しの快楽
渇く嗤いも息も絶え絶えに
まぐわいあう慰みの掌に
虚しさだけが脹らんで

ああ玉砕と美しく散りゆくならば
恍惚の先にはまだ君が居る

嘆キノ壁ハ 突キ崩サレテ
愚カノ民ハ 鏖サレル

生きるは毒杯 愛する哀しみを
飲み干す術を誰が授けよう
月下に眠ると云う静かの鷲
啼き声だけが 舞い降りて

掲げる祝杯 わが生は満ちても
果敢ない死の遊戯は果てもなく
砦に喰い込む爪 孤高の鷲
羽搏きだけが舞い上がる

あの蒼穹に磔刑にしてくれたまえ
罪と罰を生む時代を僕は視る

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加