宵待ちの花

アーティスト田村ゆかり
作詞コトワカナデ
作曲田中隼人
ひだまり色の 風に包まれて
君と歩いてく 帰り道は
自然と頬が上がる 不思議だね
つい お喋りになる

傾き始めた オレンジ
背中に浴びては 揺れる影
落ち込んだ時も 振り向けば
ずっとそばで 咲いてくれた

夏の夕陽が 目にしみる
まぶた描く 宵待ちの花
いつか 願いを 叶えて
月が起きてくる前に・・・

見慣れた空の下で ゆっくりと
会えない時間が 過ぎる夜は
やさしい声が今も 離れずに
ひとり 夢の途中

言葉にならない 小さな気持ちを
照らす 月の光
静かに色づく 愛しさを
伝えたくて 手を伸ばした

夏の終わりは 儚くて
風に揺れる 宵待ちの花
いつか 想いを 届けて
月明かりを消す前に・・・

ため息の向こう 密かにたたずむ
笑顔を 見つけたら
心のつぼみは 少しずつ
同じ空で 広がるかな

夏の夕陽が 目にしみる
まぶた描く 宵待ちの花
いつか 願いを 叶えて
月が起きてくる前に・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加