四月ノ空 (live)

アーティストhare-brained unity
作詞布谷吉祟
作曲hare-brained unity
明け方の道 ふと気づいた
桜の蕾 風に揺れてた
またひと巡り 時は過ぎて
また後戻り 間違ってばかり

窓を開けたら 春風にのって
何処までも行けそうな気がしたよ

四月の空一杯に 咲き誇る花は
そう きっと巡り来る季節の中

野川のほとり 一定のリズム
アルファの波に 揺れていたいだけ
長い夢みたいに 続く景色
気づかぬうちに 痺れる意識

君の優しさに しがみついてた
手は今日あたり 離してみようかな

四月の空一杯に 咲き誇る花は
そう きっと巡り来る季節の中

舞い上がる花弁 雪のように
過ぎた季節 名残惜しむのか

四月の空一杯に 咲き誇る花は
そう きっと巡り来る季節の中

やがては散る命を 燃やし尽くすように
輝いて 七色の光となれ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加