ギロロの一番長い日

アーティストギロロ&夏美
作詞池田眞美子
作曲沢田完
思い出すぜ、ケロンダス星での戦いを
迫り来る巨大ゴミ虫の群れ、
俺は敵の巣窟にナパーム弾をぶちこんでやった
圧倒的な数のゴミ虫どもが次々と燻(いぶ)り出されて来る
「背中をとられるな!」「援軍は!援軍はまだか!」
撃っても撃っても襲いかかってくる奴ら
だが・・・戦場での敵はただ一人、それは俺自身だ
そう、恐れるのはただ一つ、自分の弱さに負けること

ジャンケンポ~ン!

自分の弱さに負けるこ・・

やだ、また負けちゃった。
私ってホント、ジャンケン弱いのよねー

弱さに負け・・

なんかくやしーけど約束だもんね、
ギロロの言うこと何でも聞いてあげるよ

何でもっ!?
夏美、いや、しかし、俺の口からそんなことはとても・・・
負けず嫌いで跳ねっ返り、でもなぜかジャンケンが弱い
そんな夏美が俺は俺は・・・ハッ!
俺は何を考えている!いかんいかん!

俺はギロロ、戦場の赤い悪魔
ニックネームは、赤ダルマ
コードネームは、G66

気が強いなんて嘘
伝えたいこの想い、でもなぜか伝えられない

ホントは意気地なしなの~

俺たちはケロン川を哨戒艇(しょうかいてい)で上っていた
目にするものはただ鬱蒼(うっそう)と繁ったジャングルのみ
だがその時、敵の打ち込むミサイルが俺たちの頭上を掠(かす)めた
一瞬にしてジャングルは焼け野原と化し
それは地獄絵図のようだった
あたり一面焦げ臭い匂いがたちこめ・・

ちょっと、何か焦げ臭くない?

焦げ臭い匂いが・・

あーっ、やっぱりシチュー焦げてるじゃないの、もう~

焦げくさ・・

もう、ギロロってば、ちゃんと見ててって言ったのに

うっ、俺か?

あ、でもコレ結構イケるわね
ギロロの為に愛情たっぷりこめて作ったんだから
残したら承知しないわよ。 はい、あーんして

あ~ん?
ハッ!いつの間に俺は! 何を考えている!いかんいかん!
情けないぞ、俺!しかっりしろ、俺!

人は俺たちを『五人のサムライ』と呼んだ
残忍無比(ざんにんむひ)な山賊共を一人また一人とゲリラ戦で叩きのめした
雨の中、グチャグチャの泥まみれになって俺たちは戦った
パッパカパッパカと馬のひずめの音・・・そう馬といえば
ジャジャ馬で一筋縄じゃいかないところが夏美の魅力で・・・
ハッ!また俺は何を考えてるんだーっ!

俺はギロロ、命知らずのソルジャー
合言葉は、ギロギロギロ
ラッキーナンバー、723

謎めいたその瞳
見つめられるだけでもう胸が 胸がドキドキ~

ホントは意気地なしなの~

随分遠くまで来た
一人森を彷徨(さまよ)う、俺の心は
装甲車に踏みつぶされたヘルメットのよう
もう疲れた・・・眠りたい・・・小川のせせらぎが俺の子守歌、
木々を揺らす風に抱かれて俺は傷を癒(いや)す
これがささやかな戦士の休日か・・・休日・・・ピクニック・・・
そう、俺たちは家族みずいらずでピクニックにやって来た
だが、なぜアイツが夏美といる?
コードネーム326

サ、サブロー先輩、コレ、私が作ったお弁当なんです
よかったら食べてください

夏美がアイツに向ける視線が眩しい・・・
戦う夏美、戦士夏美!
俺の中の夏美のイメージが音をたてて崩れてゆく
あんな夏美の笑顔、俺は見たくなーいっ!

白く可憐(かれん)な花がひっそりと咲いている
まるで夏美のような花だ
これを夏美に持って帰ってやるか?
受け取ってくれるだろうか?
フッ、やっぱりやめておこう、俺のガラじゃないぜ

ギロロ~?

な、夏美!?

こんなところにいたの
迷子になるから遠くにいっちゃダメだって言ったでしょ

お、俺を子供扱いするなっ!

あ、何もってるの?見せなさいよ

あっ、よせっ、夏美!
ハッ! 夏美の手と俺の手がっ・・・

とーった! あら?ドクダミの花?

ど、毒!これはペコポンの毒草なのか・・・

でも、干してお茶にするとおいしいのよ
それに、よくみるとドクダミって可愛い花だよね

夏美・・・

もしかして、ギロロ、私のためにコレつんでくれたの?

あ、や・・・

ありがと、ギロロ

キラーン! 夏美の笑顔が眩しい・・・
俺だけに向けられる夏美の笑顔
やっぱりそんな夏美も俺は俺は・・・

俺はギロロ、戦場の赤い悪魔
ニックネームは、赤ダルマ
コードネームは、G66

気が強いなんて嘘
伝えたいこの想い、でもなぜか伝えられない

ホントは意気地なしなの~

夏美~ッ!!

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加