桜の足あと

アーティスト藍坊主
作詞佐々木健太
作曲藤森真一
たんたん、と、刻んだ、あなたへの想い
私は、毛糸だけを、紡いだわけじゃない
とんとん、と、叩いた、背骨の裏側
夜が死に、朝がくれば、笑えるのかしら

のんのん、と、響く、ストーブの、青い灯が
しんしん、と、積もる、溶けない私を、照らし続けてた

さくら舞って流れてゆく
ほどいた糸を
風に結んで飛ばした
私は、飛べないから

カンカン、と、シンクに、転がるビー玉
くるくる、と、廻りながら、流しに落ちてく
きっとあなたは、笑っているでしょう
意味もなく、無邪気な顔、輝かせながら

ぽんぽん、と、浮かぶ、あなたと、子羊の絵
そっと、目を瞑れば、耳に残ってる、子守歌の音

さくら舞って流れてゆく
ほどいた糸を
風に結んで飛ばした
私は、飛ベないから

だんだん、光が、生まれてゆく空
もう少し、夜に爪を、掛けていたいけど、
きゅんきゅん、私は、ねじ切ってゆく
さよなら、もう私は、歩いてゆけそう、

さくら舞って煌めく空
ほどいた糸を
風に結んで飛ばした
あなたを想いながら、

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加