桃色の雲

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
6月の風がドアミラーに張りついたままで
渋滞の向こう海に出ると少しましになる
「この後で何処へ行くの?」
「そんなこと僕わからない」
「窓開けて 何か見える?」
「空が見えるだけだよ」
「あ、ちょっと待って 今夕日が沈む もう少し黙ってよ」
きっと何かが想い出せるよ
僕等がしがみついている意味がわかる

君が手の中で転がしてる飴色のピアス
まるで僕達の時間のよう 気まぐれに光る
「わかるでしょ?」
「わからないよ」
「そんなこと聞かないでくれ」
「波の音 聞こえてるよ」
「僕は何も聞こえない」
「ちょっと見て ほら桃色の雲 あんなの見たことないね」
きっと僕等は疲れてるだけ
深呼吸をしてみたら 景色が回りだす

たどり着く場所はいつも狭くて肩も抱けない
だけどまだ君がとても大切だと想うから
そっと佇む夕まぐれには 耳を傾けようか
バックミラーに遠ざかる街
何もないままでいいよ 何処までも行こう

ちょっと待って 今夕日が沈む もう少し黙っていよう
きっと何かが想い出せるよ
僕等がしがみついてる意味がわかる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加