真夜中の太陽

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
走り抜ける夕暮れに灯りだす
鮮やかな色に浮かぶ街影

残り陽の色が溶けてゆく空
目を閉じれば憶えてるときめきの数を

ひとつずつでも紡いだら
あの通りを抜けて君に逢おう

I just back in time
すぐにでも想い出せることは
誰にだってある 夏の声が聞けるなら
甦る鼓動

ガラス張りの夜が僕等を包む
理由もなくて誰かを想っていたい

アスファルトに映る灯りの色
僕等いつもStep踏んでははしゃいでた

汗をかいた赤いグラスの底にある
真夜中の太陽

I just back in time
あなたのまぶたに手を翳して
いつだって叶えられる
時間の螺旋をくぐる夏色

I just back in time
すぐにも想い出させてあげる
I just back in time
あなたのまぶたに手を翳して
誰にだってある 夏の声が聞けるなら
甦る鼓動

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加