All'n All

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
通り雨の後で 沸き上がる埃の匂いと
木漏れ日の下で 僕は何も言えないで

遠い空を見ている 君は絵の中にいるみたい
あの頃のことが今も想い出せるかな

叶わなくて切なくても 胸の奥から
十二色の心の波が打ち寄せたら
何処へでも行けたね

そうさ All'n All We Love
全てはその中に
今でも間に合う 扉の向こうが見える

古ぼけた店の 窓に飾られた花束に
今でもあの夏のこと 重なり合うなら

ここにいてくれなくても 想う言葉で
見えるものが変えられることがわかるなら
何処へでも行こう

だから All'n All We Love
僕等は風になる
広げた両手に 君は何を抱きしめる?

叶わなくて切なくても 胸の奥から
十二色の心の波が打ち寄せたら
何処へでも行けたね

そうさ All'n All We Love
言わずにいた言葉
I Love You All
あなたへ今から届けに行こう
All'n All We Love
全てはその中に
今でも間に合う 扉の向こうが見える

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加