氷の妖精

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
彼方Orionの三つ星の間から
氷の妖精が舞い降りてくる
神々の吐息 冬を呼ぶ声

人々はその身を寄せ合い
空に架かる夜の虹を見上げているよ
幾千もの影何を想う?

あなたは窓をすり抜けると
知らぬ間に僕の隣にいて
その濡れた口唇を寄せて
あの詩を唱う

冷えたアスファルト照り返す街の灯
10万光年の愛と憎しみ
廻る輪廻から君が見える

あぁ愛しい氷の素肌よ
どこまでも透き通るように
僕の胸を貫いてゆくと
そこにはもういない

静寂の冬の向こうには
湧きあがる悲しみを求めて
想い出と始まる季節
空に舞い上がる

あなたは窓をすり抜けると
知らぬ間に僕の隣にいて
その濡れた口唇を寄せて
あの詩を唱う

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加