飴色の街

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
窓から吹き込む9月の気配に
駆けめぐる記憶
きっと忘れられるはずだから
一言も告げず出てゆくことを許して
ドアを閉めて振り向く街には
いつも通り優しい日々がある
だけどこのままいたら
この想いさえ嘘になる
それほど君を愛していた
何も出来ずに Good-bye Girl

さよならときめいた日々よ
二度と戻ってはこない
いつも身勝手なこと
誰でも出会った時には
こんな想い初めてと
信じたことから続いていく
切ない日々だけどそれでいい
僕らはいつも
I Love You嘘じゃなかった
ごらんよ空を季節がいま渡っていく
あの日のままに Good-bye Girl

My Girl どんな時も微笑みわけてくれた
君を忘れないから
I Love You もうひとりでもうまくやれる
走り出したらもう遠ざかる飴色の街
I Love You Girl

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加