トナカイの涙

アーティスト角松敏生
作詞角松敏生
作曲角松敏生
ただ何も言わずに過ぎて行く日がある
曇る電車の窓を指で拭いて見てる
もうすぐ降り出す雨は霙まじり
僕はまたいつもの駅で降りるから

ジングル・ベル ねぇ連れてってくれよ
君の言う暖かな場所へ
電飾の街が嘆いてた
そんなものは在りはしないと

誰も自分のことで精一杯の顔だ
きっと淋しいはずでも何故か笑っている
道往くあの女の話は空っぽで
灰色に埋まる空からこぼれる

見なよ、ほらトナカイの涙
誰の目にも見えないのだろうか
贈り物が届けられないと
そんな人が見つからないと・・・

一日過ぎれば塵だらけの道で
僕はまだ一人待っているのかな・・・

Sing a song ねぇ本当の歌を
君にすぐ聴かせてあげたい
塞いでいる耳を傾けて
きっといつか解りあえるよ

見なよ、ほらトナカイの涙
誰の目にも見えないのだろうか
贈り物が届けられるように
そんな人を見つけてあげようよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加