桜絵

アーティスト上木彩矢
作詞麻井寛史
作曲麻井寛史
朝焼けが痛いくらいしみてゆく まぶたの裏
気が付いて頭ん中が ユラユラメイテク

早く差し伸べてその声も手も もうひとりにしないで

桜舞い散る中で 流した涙は儚くも美しくて
あの日おいてきた記憶 そっとアルバムにしまってゆく桜絵

すれ違う人込みでぶつかる 小さな肩
喜びも憎しみも全部 しょいこんでしまう

街の灯りさえも涙でにじむ もう優しくしないで

桜舞い散る中で 抱きしめた温もりは今もあふれだしてく
あの日誓いあった約束 悲しいほどに響いてゆく桜絵

会いたいよ 逢えないかな もう今さら
時間だけが虚しく通り過ぎてゆく

桜舞い散る中で つないだ もうこの手と手は別々の道
あの日笑い合ったことも 忘れてしまうのだろう?

桜舞い散る中で 流した涙は儚くも美しくて
あの日おいてきた記憶 そっと瞳に映してゆく桜絵

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加