悲しみの森

アーティスト川田まみ
作詞Mami Kawada
作曲TOMOYUKI NAKAZAWA
背中をそっとなぞるような感覚は
いつかも知った 幕がまた下りてくる予感

霞んだ笑顔 遠くなる笑い声
今振り向けばきっと 剥がれて落ちてくから

人は何故過ち 繰り返してくのか
後にも引けぬ道 面影だけ残して

深くなるこの傷口を 更に深く切り裂いて
もう戻れないのなら 沈めて悲しみの森へ

多分いつかはグレイの空も晴れて
光射す時 新たな肌に触れるだろう

陽を浴びた木は緑を深くさせて
もっと伸びてゆく 太陽を求めていくように

過去の匂いがした だけど寂しくない
移りゆく季節は 色を変えてゆくけど

浅くなる呼吸の波を 呼び起こして
未来など見たくはないの今は 落として樹海の底まで

深くなるこの傷口を 更に深く切り裂いて
もう戻れないのなら 沈めて悲しみの森へ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加