故意

アーティストENDLICHERI☆ENDLICHERI
作詞ENDLICHERI☆ENDLICHERI
作曲ENDLICHERI☆ENDLICHERI
アスファルトがタイヤにくすぐられる
声を聴きながら 表通り
ひらり攻めた風にこの両頬
緩め踊らせた

後ろを歩く気配抱いて
心 解いてみる

ある日から少しずつ形を変えて
きみへ投げる想いは
想像遥か越え綺麗である
ベッドが小さく感じることが
幸福の始まり
この身が何時しか魂になって
時間飛べたなら
訪ねてみようきみが産まれた日を
柔らかくて未来に伸ばした小さな手
触れよう 愛してる

どうでもいいことなんてひとつも
ないよ この向こう

何気なく出掛けたのにな…
5年経とうとしてる

決め付けで挑んだ過去の恋たちや
偏屈な故意が
残してった ぼくの食べかすを
祓い除けて地面に落とした 音は 温度は
意識もしないでさり気なく捕らえた
かわった変な癖が
何時の間にか消し去っていたの
きみじゃないとね云えない
優しさが胸を掴んで 離さない

ある日から少しずつ形を変えて
きみへ投げる想いは
想像遥か越え綺麗である
ベッドが小さく感じることが
幸福の始まり
この身が何時しか魂になって
時間飛べたなら
訪ねてみようきみが産まれた日を
柔らかくて未来に伸ばした小さな手
触れよう 愛してる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加