浜夕顔

アーティスト天童よしみ
作詞荒木とよひさ
作曲四方章人
夢見し乙女(ころ)の 初恋も
運命(さだめ)を恨む この恋も
いいの いいのよ ひとりぼっちは昔から…
どこか似ている 浜夕顔(ゆうがお)は
この世の外で 生きるから

生まれたことを 悲しむや
わが身の人生 儚むや
いいの いいのよ どうせ添えない人だけど…
泣いて誰待つ 浜夕顔は
月夜の影で 濡れる露

今度生まれて 生まれてきたら
せめて菜の花 春の花

枯れゆく恋の むこうには
別離(わかれ)の果ての むこうには
いいの いいのよ そんな心の慰めは…
秋もしらずの 浜夕顔は
ましてや春は 何処(どこ)にある

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加