父娘さかずき

アーティスト三門忠司&永井みゆき
作詞もず唱平
作曲岡千秋
この春良縁 調(ととの)って
嫁ぐというのに なんで泣く
これまで一度も 父さんの
お酒のお相手 出来なくて
ご免なさいね 赦してね
今日は注がせて 貰います
そうか本当か うれしいね
交わす涙の 父娘さかずき

「よかった、よかった
今日の酒はほんまにうまいわ。」
「そんなに美味しかったら
お父ちゃん泣かんといて」

これから独りで 大丈夫?
心配してます あのひとが
それほど器量は よくないが
なかなか気のつく いい奴で
これであの世の 連れ合いも
ほっとひと息 つけるだろ
飲んで下さい 母の分
ぐいと空けます 父娘さかずき

「これからは誰も文句いう人がおれへん
お酒もほどほどにしてや。」
「そのセリフ、お母ちゃんと一緒やな。
ハイハイ。 お父ちゃんのことより、
お前の幸せが先やで。」

音痴は承知だ さわぎ唄
聴かせてやるから 手を叩け
十二で死別(わか)れた 母さんの
十八番(おはこ)の里歌 ハイヤ節
いまも聴こえる この耳に
想い出します あの笑顔
きっとなるんだ 幸せに
なにも言わずに 父娘さかずき

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加