BLUE TUESDAY

アーティストKAT-TUN
作詞久保田洋司
作曲谷本新
火曜日の今の時間
いつもの君の電話を 待ってしまう また

一時間 二時間 過ぎて
あと5分待ってみようと まだ思っているよ

さよならしたら 会わないし 電話もしない
本当だったんだね

最後の夜の ぬくもりが今
まるで君のように 一歩ずつ遠ざかる
あんなに笑い あんなに泣いて
さびしがってばかりの 君はもういないんだ
あの街も あの海も あの夜空も
消えてしまう

週末の約束の日
スタジアムには二つの 空席があるだろう

思い出も何も出来ない
未来を悲しむことは もうよそうと思う

さよならだけが 永遠につなぐ二人
忘れてしまっても

その横顔が 大人びた時
理由もわからない 切なさに戸惑った
最後の夜の 君の呼ぶ声
今ここにいるように 確かに聞こえるのに
あの風も あの雨も あの三日月も
消えてしまう

見たこともない日々へ 歩き出してる
二人がいる世界へ

最後の夜の ぬくもりが今
まるで君のように 一歩ずつ遠ざかる
あんなに笑い あんなに泣いて
さびしがってばかりの 君はもういないんだ
あの街も あの海も あの夜空も
消えてしまう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加