生まれたところを遠く離れて

アーティスト浜田省吾
作詞浜田省吾
作曲浜田省吾
生まれたところを遠く離れてうたう
この子に いつの日にか光がみえるように

車窓ごしで見送るお袋の忘れられぬ涙よ
捨てちゃならねえものを
おれはたわいもなく失くしたようだ

どこの町でも 聞かせてやるさ
捨てた故郷とひきかえの馬鹿息子のRock&Roll
だけどもし少しばかりの紙切れを稼げたら
両親に小さな家を買ってやりたかったおれさ

誰もが何かを売りわたし 生きてゆくさ この世じゃ
だけど何も売るものが無かった あの娘が何を売ったか

「お前にゃ どうせ理解るまい 鉛色のその目じゃ!」
だけど振り上げた拳に顔背むけた弱いおれさ

どこの町でも 聞こえてくるよ
貧しい暮らし精一杯やってみても抜け出せない
そうさ親父も16の時から働いてきたけど
この世に住む家もなく その日暮らしの毎日さ

そこの町でも 聞こえてくるよ
道を失くした男達の行き場の無い呻き声が
だけど誰も自分のことさえ救えないこの世じゃ
痛みを理解り合えても 言葉はただ「さよなら」だけさ

生まれたところを遠く離れてうたう
この子に いつの日にか光がみえるように

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加