eternal ring

アーティストウェラー卿コンラート(森川智之)
作詞只野菜摘
作曲西岡和哉
はなれても むすばれてる 友情と深い愛は
祈りという 首飾りに
似てる 永遠のリング

あの日 争う火が燃えていた
すべて焦がしつくせるまで
力を競おうとして

おなじ涙を 心にためて
その焔を消したかった
泣くのを禁じられても

透きとおる青い星は
みちびきの光 そそいでる
今も隣に この胸にも
想いは生き続けてる

時を超え かたちを変え
争いは まだやまない
あやまちを とめるものは
やはり、力なのか?

はなれても むすばれてる 友情と深い愛は
祈りという 首飾りに
似てる 永遠のリング

風に吹かれて 乾いた街で
守るものを見つけられた
それをしあわせと思う

澄んだ瞳で また笑ったね
祝福され、生まれたんだ
どれも 特別な命

のばした指で 奇蹟を
夢で世界を清めてくれ
<過去>の願いをたくす<未来>
やすらぎの火を灯そう

時を超え 呼ばれるたび
眼をあげて 襟をただす
その声は、なんて言うだろう
<今>を進む僕を

はなれても むすばれてる 友情と深い愛は
祈りという 首飾りに
似てる 永遠のリング

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加