BOOTS GENERATION

アーティストMOON TRAP
作詞UMEDY TAKE‐C NISHI‐Pee
作曲CAKE-K
走りだす運命の黒いバス 肩ふれる同志は言葉もなく
汚れたブーツはうそのかず CAPのおくには ブラウンeyes
さあさみんな ほらのりこみな 必要なものは何もないから
ブーツのひもがほどけてるぜ ほら それじゃ 走りだせないから
かけぬけろ コンクリートの大地をきざんでけ 足跡のビートを
見たり 聞いたり 時にふれたり それでも 分からないものばかり
思いかえそう 新鮮な気持ちをブーツおろしたあの頃
そうさ ファッションだけじゃないゆずれない 俺たちブーツジェネレイション

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

走れ虚栄の光はなつ アーケード 夢の数だけ マンホールこえてけ
Check it Check it UMEDY ブーツエイジ
甘えた気持ちは おきざりにして(How Many MC)
意味なく胸 ときめいたり 知らぬ間 傷つきあい
両手にかかえた見えない不安 空缶とともにゴミ箱へ Get Down
(Here We Go Here We Go)
なやませ続けられた あのこと 一緒にずっと歩こうと決めたのは
ブーツのかかともすりきれた あの頃 U・M・E・D
Mother Fxxkin Y
会話も全く必要ないほどに 目と目向かいあわせ
All Night あつく語ってたいね

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

(台詞)
電話帳 たき木がわりに 朝までだべってた あの頃
酒によって 夜の公園 ふんすいに飛びこんだ あの頃
ムチャするのが かっこいいと思ってたあの頃
いつも一緒だったのが このボロボロのブーツだった
ブーツのキズの数が思い出の数
けんか 盗み 直結
学校をさぼっても 家に帰らなくても
何をしても なんとも思わなくなった
でもそんな時思い出そう
何もかもが新鮮だった
あの頃のあの気持ちを
そう MOON TRAP Boots Generation
走りだす運命の黒いバス 肩ふれる同志は言葉もなく
汚れたブーツはうそのかず CAPのおくには ブラウンeyes
さあさみんな ほらのりこみな 必要なものは何もないから
ブーツのひもがほどけてるぜ ほら それじゃ 走りだせないから
かけぬけろ コンクリートの大地をきざんでけ 足跡のビートを
見たり 聞いたり 時にふれたり それでも 分からないものばかり
思いかえそう 新鮮な気持ちをブーツおろしたあの頃
そうさ ファッションだけじゃないゆずれない 俺たちブーツジェネレイション

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

走れ虚栄の光はなつ アーケード 夢の数だけ マンホールこえてけ
Check it Check it UMEDY ブーツエイジ
甘えた気持ちは おきざりにして(How Many MC)
意味なく胸 ときめいたり 知らぬ間 傷つきあい
両手にかかえた見えない不安 空缶とともにゴミ箱へ Get Down
(Here We Go Here We Go)
なやませ続けられた あのこと 一緒にずっと歩こうと決めたのは
ブーツのかかともすりきれた あの頃 U・M・E・D
Mother Fxxkin Y
会話も全く必要ないほどに 目と目向かいあわせ
All Night あつく語ってたいね

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

若さゆえの(マスターベーション)傷つけあう事が(コミュニケーション)
すり切れたかかとで On and On and On
そうさ 俺たち(BOOTS GENERATION)

(台詞)
電話帳 たき木がわりに 朝までだべってた あの頃
酒によって 夜の公園 ふんすいに飛びこんだ あの頃
ムチャするのが かっこいいと思ってたあの頃
いつも一緒だったのが このボロボロのブーツだった
ブーツのキズの数が思い出の数
けんか 盗み 直結
学校をさぼっても 家に帰らなくても
何をしても なんとも思わなくなった
でもそんな時思い出そう
何もかもが新鮮だった
あの頃のあの気持ちを
そう MOON TRAP Boots Generation

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加