夜もすがら踊る石松

アーティスト中村美律子
作詞阿久悠
作曲杉本眞人
馬鹿でなければ 踊れない
カッコつけてちゃ 走れない
純な心は 正直者で
うれしさ 楽しさ
すぐに形にしてみせる

遠州森町 よい茶の出どこ
そこで育って 名前を売って
清水港は 鬼より恐い
中でも石松 暴れ者
酒好き 歌好き 女好き
馬鹿がつくほど
馬鹿がつくほど みんな好き

さて こんな男はどうだろう
利口ばかりの 世の中じゃ
さぞや石松 さぞや石松 窮屈だろう

破れかぶれに 見えるけど
無茶を通した ことはない
野暮を承知で 不粋をきめて
引き立て役など
泣いてつとめる こともある

富士山拝んで 旅立つ朝よ
しばしごぶさた ごきげんさんよ
無事に役目を 果たしたあとに
言いたいことばが 一つある
酒駄目 歌駄目 女駄目
願をかけたら
願をかけたら みんな駄目

さて こんな男はどうだろう
利口ばかりの 世の中じゃ
さぞや石松 さぞや石松 窮屈だろう

「ねえ ちょっとちょっと あんた
馬鹿は馬鹿でいいからさ
味ある馬鹿におなりよ」

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加