明かりの灯る方へ

アーティスト松たか子
作詞スキマスイッチ
作曲スキマスイッチ
バスはゆらり揺れながら夜の街を出る
追われるように飛び乗ったままで
知らない場所へとひた走る

闇の向こうの景色をただ追っていくだけ
置いて来た君を思い出さぬよう
夜の輪郭を目でなぞる

今や僕の行く末はこの道だけが知っている
手の鳴る方へと歩く子供のように

光誘う方へ ひたすら走るのさ
行き着く先には何かが待つはずさ
僕が僕でいられるように止まらないで

代わり映えのない日々をただ繰り返してた
適当に頷いて適当に話して
君は今頃何をしてるかなぁ

くだらなく笑えたらそれこそが幸せ
そうか、いつも変わらない声がずっと
響いているなら

明かり灯る方へ 君が待つ街へと
今すぐに飛び出してこのまま引き返すんだ
君に会えたらまずなんて言おうかな

そうさ!明かり灯る方へひたすら向かうのさ
たどり着いた先には笑顔が待っているから
僕が僕でいられるのはそこしかない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加