永遠の祈りを捧げて

アーティスト小林沙苗
作詞木本慶子
作曲梶山織江
永遠の祈りを捧げて 大事なものあきらめたりしない

目覚める頃には多分 何もなかったように晴れる
夢はいつだって この手のひらの上にあるから

どんなに遠くてもきっと つかまえてみせる
君と僕との それが約束

教えてくれた優しさの意味 一人になって分りかけた
思い出を抱きしめ泣いていても 気持ちはひとつも届かない

永遠の祈りを捧げて 終わらない風に乗るまで
永遠の祈りを捧げて 大事なものあきらめたりしない

君と僕の間に光る 夜明けを見つけて
もうすぐ始まる明日を 迎えに行く

与えられた毎日を あたりまえに過ごしていたら
いつか心まで 空っぽになりそうな気がした

愛するのは 愛されるためじゃない事を
君へと今叫んでる これから先
どこへ行けるか分からないけど 想いは変わらない

永遠の歌になりたい 語り継ぐ星のように
永遠の歌になりたい いつも胸の そばにいられるなら

君と僕の間に光る 夜明けを見つけて

永遠の祈りを捧げて 終わらない風に乗るまで
永遠の祈りを捧げて 大事なものあきらめたりしない

君と僕の間に光る 夜明けを見つけて
もうすぐ始まる明日を 迎えに行く

( 迎えに行くよ I will I will go there… )

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加