ひとりぼっちの海峡

アーティスト多岐川舞子
作詞幸田りえ
作曲徳久広司
ひとりぼっちの 海峡に
赤い涙の 雪が降る
空を染め抜く 悲しみよ
いっそこの身を 投げようか
あなた あなた 行かないで
せめてわたしが 怨むまで
無理を通した いのちの恋に
縋り泣きする
闇の中・・

ひとりぼっちの 海峡に
咽ぶあなたの 声がする
逢えば流れて 落ちて行く
恋もいつかは 行き止まり
あなた あなた 棄てないで
愛しすぎたの わたしだけ
たった一つよ 欲しかったのは
心一片(ひとひら)
だけなのに・・

ひとりぼっちの 海峡に
呻く霧笛よ 海鳴りよ
何処へ戻れと 云うのです
二度と戻れぬ 人生よ
あなた あなた 泣かせてよ
せめて明日が 見えるまで
傷も涙も かさねた人を
焦がれ泣きする
風の中・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加