プラチナ

アーティスト原田珠々華
作詞原田珠々華
作曲原田珠々華
味のしなくなったガムを吐き出し
まるであなたのようね
いつも揺すぶる
裸足のままきっと走ってきたから
傷だらけの恋人たち

時間だけが過ぎていくよ
私の悩みも今ではちっぽけで

ずっと先であなたを待ってるから
街灯に照らされた小さな目から落ちた涙
プラチナ

誰かが言い出した恋の行方は
運命ならばきっとまた巡り合う
不幸になりたがる私の癖に
あなたが幸せと名付けた

季節だけが進んでくよう
焦りが終わりを急かすような夜だ

ずっと先のあなたを信じてる
街灯に照らされた小さな目から落ちた涙
プラチナ

「ずっと」あなたが口にする
未来はいつのことを話してるの?
伝う涙が指元で光る
プラチナ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加