dear, deer

アーティストtacica
作詞猪狩翔一
作曲猪狩翔一
初めてに出会ったり その先が分かったり
悲しみが増える度 太陽が眩しくなった

繋ぐ手に後退り その意味が分かったり
優しさに触れる度 三日月に会いたくなった

本能から応答せよ
本当なら逃げ出したい事
そんな当たり前の人間らしさを
きっと忘れながら生きてる

dear, deer
孤独の中でさえ
まだ希望を持っていたいなんて
雨に打たれて涙を隠す

痛みや傷があるから
人波に泳ぎ疲れたって
風に吹かれて涙を乾かすのだろう

悲しみが落ちるのに 足元を見てばかり
思い出は錆びるから
星空 見上げたくなった

本能から応答せよ
ねえ どうして恐れてばかりなの?
たった一度きりの人間らしさをいつも抱えながら生きてる

dear, deer
私に生まれた
理由一つも持っていなくたって
月日は流れ
いつか現在を語る

心のまま 在るがまま
在るのにも妙に疲れちゃって
闇に紛れても
光を探すでしょう

排気ガス
コンクリートの上
6巻のずっとない漫画の様な
僕の運命だけど
いざ 一っ飛び
さあ 一っ飛び

どんな当たり前の人間らしさを
いつも抱えたまま生きてる?

dear, deer
孤独の中でさえ
まだ希望を持っていたいなんて
雨に打たれて涙を隠す

痛みや傷があるから
人波に泳ぎ疲れたって
風に吹かれて涙を乾かすだろう

色とりどりの鼓動
モノクロの僕達を未来へ
遊び疲れた頃 また会おう
dear, dee

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加