思ヒ空

アーティストサンダルバッヂ
作詞アカマツクニユキ
作曲アカマツクニユキ
この日曜日を何もしない日と 僕の中で決めつけ起きた
カーテン越し光るぼやけた 太陽の色が晴れ日を示す

嗚呼 今日はなんて心地の良い日なのだろうか
そして俺は何時の間にか 見慣れた街の中歩いていた

陽が沈み 見る雲は 恐ろしくゆっくりと動いて
僕が望んだ一日は こんな風に過ぎて往く

その帰り何時もと違う道を遠回りして歩こう
吐く息陽が当たりより白く 僕の中に在る心も白い

嗚呼 水路脇に小さな野花が咲いていた
流れ往く水をボンヤリ眺め 今は居ない誰かを思う

平凡過ぎた生活が何時か熱き心奪う

出会いの春が僕に廻り 暑き夏は冴え渡り
秋に僕等の太陽沈み 冬に全ては雪に埋もる

回り道も何時しか見慣れた家路に戻る
いつもの帰り道がこんなに長いとは知らず

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加