情熱の電源

アーティストNGT48
作詞秋元康
作曲フジノタカフミ
空き地の隅にずっと放置されてた
型の古い誰かの冷蔵庫には
何が入っていたのだろう

どんな夢もいつか腐ってしまう
だからこんな場所に廃棄したのか?
通り過ぎた日々よ

僕は 今誓った 胸の奥の大事なもの
情熱の電源を落としはしない
いつ扉 開けても ずっと変わることなく
憧れた生き方はあの頃のまま
Refrigerator
「子供の頃から 何でもこの中に入れた」
Refrigerator
「いつまでも劣化することがないと思っていたから」
Refrigerator
「大人になって気づいた それは永遠じゃないってことを・・・」
動き続ける

この歳になって なぜか知りたくなったんだ
冷蔵庫の中に残されてたもの
僕はこっそりと開けてみた

誰も触れようとはしなかった過去
何をここの中に隠したんだろう?
宝物は何だ?

僕は ときめいてる いつの間にか見失った
忘却は思い出のサーモスタット
錆びついた棚には ただのゴミしかなくて
あるいは今 僕は見えてないのか?
Keep moving
「どこかで電源が切れてしまったのかもしれない」
Keep moving
「ずっと 情熱は持っていたはずなのに」
Keep moving
「僕は もうあの頃の僕じゃなくなってしまった」
動いていない

頭の隅 気に掛けてた
純粋な僕自身
入れっぱなしで腐らせてないか?

僕は 今誓った 胸の奥の大事なもの
情熱の電源を落としはしない
いつ扉 開けても ずっと変わることなく
憧れた生き方はあの頃のまま
Refrigerator
「子供の頃から 何でもこの中に入れた」
Refrigerator
「いつまでも劣化することがないと思っていたから」
Refrigerator
「大人になって気づいた それは永遠じゃないってことを・・・」
動き続ける

あの青春のエネルギー
ああ もう一度

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加