旅人たちのうた

アーティスト馬場俊英
作詞馬場俊英
作曲馬場俊英
得意な顔で並んだ 写真の中の僕らは
いい気なものさ 何も知らないで 毎日そこで笑ってる
十四、十五、十六歳の夢は 田舎の押し入れの ダンボールの
中に詰め込み 襖を閉めて みんな眠らせて来たんだ

いつも いつも 思い通り生きれない もどかしさよ
茜に染まる 空の向こうに 口ずさむ二十歳の唄もある
生まれた時は 誰もがみな 自由な旅人だった
だけど 屋上で 階段で 改札で 歩道橋で空見上げても
ポケットの奥には 日付けの切れた
oh, ticket to ride

最終電車の 窓越しに流れる街を 追い越して
明日に連れて 行けないものを みんな窓に流した夜
友達にも 恋人にも 埋められない場所があった
唇噛みしめながら いつも いつも

三十代は 大人の十代 青春を繰り返すような
時が流れて 家族が増えて 生まれ変わった夢もある
大人になった 子供たちはみな 不器用な旅人だけど
「いつか僕のチャンピオンベルトを必ず腰に巻いてやる」
誰だって 押し入れに しまえぬ想いがあるさ
oh, just get on the board

泣き虫な君は 百万回涙を こぼしたけれど
その度に君が 百万回泣き止んで 来たように
いつか 悲しい出来事も みんな思い出に変わるだろう
そのための 時間と場所があり それを僕は守りたい

いつも いつも いつも いつも

oh, just get on the board

最終電車の 窓越しの 街をぼんやりと眺めてた
また一日が とにかく終わる 空に星がキレイだ
携帯電話の 待ち受けで 君が僕を見つめてる
生きて行く理由が そこにあり 僕は君を守りたい

どんな未来が 来るかなんて そんなのわかるわけないけど
もう大事なものを ダンボールに しまいたくない
だからそこに 会いたい人がいて 伝えたいことがあるのなら
僕らはそこに 行く理由がある いつまでも探したい

いつも いつも… 生まれて来た理由がここにある

いつも いつも… 旅はつづく

oh my jurney, oh my jurney

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加