冷めたコーヒー

アーティストゆず
作詞岩沢厚治
作曲岩沢厚治
土曜の夜だってのに この僕ときたら
喫茶店の二階の窓から見える街を眺めては
ため息を一つ吐いては また一つ吐いて
冷めたコーヒーをすすりながら
おかしな時間の中で動いてる

戻っておいでよって心の中で叫んでいるのに
君がここにいない事も知ってるのに

いつだって僕は意地を張っては 何回だって同じ事をするよ

そうして夜が更けて月明かりが僕を照らす
心を見透かすように
そうやって気がつけば一人ぼっちになってんのさ
逃げ道さえ見つからないまんま

食い違ったお互いの 互い違いの話を
無理矢理こんがらがらがらがらがして
また壊したりしてんのさ

ごめんよって例えば同時に言えたら 一体誰が悪いのか
信号待ちの交差点でいつの間にか止まってる

そして君から何回目かの着信音でやっと我にかえる あぁ

そうして夜が更けて月明かりが僕を照らす
心を見透かすように
そうやって気が付けば一人ぼっちになってんのさ
逃げ道さえ見つからないまんま

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加