桜色

アーティスト竹井詩織里
作詞AZUKI七
作曲桂花
もう君を 毎日のように 見かけることもないでしょう
今君と 共に在りし日々に 思いを巡らせる

想い出は重なって またいつか会える
どれ位 覚えていれるでしょうか

別れの切なさに また人を求め
出会いを 繰り返すのでしょう

桜色 風におどれば 旅立ちの日を 優しく包んだ
涙覚えし 季節を染めて消えてゆく 淡い光のよう
先へゆきなさい…

人知れず 君が飲み込んだ言葉もきっと伝わるよ
舞いあがれ 君の未来が喜びに繋がるよう

失わず 涙なく 強くなれたら
いいのにね なんてもどかしいの

人も育つ為に 心枯れるような
気持ちを 味わうのでしょうか

桜色 信じるものは 思うよりもろく 手に触れぬもので
遠く離れてゆく人をつなぐ淡い夢のように輝く
憧れまじりで

愛のうたが聴こえてきたら
人の温もりを思うのです
誰かが誰かをおもっているよ
こんなに溢れてる…

桜色 風におどれば 旅立ちの日を 優しく包んだ
涙覚えし 季節を染めて消えてゆく 淡い光のよう
先へゆきなさい…

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加