愁着駅

アーティスト天童よしみ
作詞吉岡 治
作曲平尾昌晃
つよがる背中が うすら淋しい
旅は北の街と 心にきめてた
スーツケースは一つ 中に想い出をつめて
愁着駅へ 愁着駅へ 別れ言葉運ぶ
かもめの群れと 私の声が あなたに見えますか

みぞれか しぐれか 車窓を流れる
みんな黙ったまま 遠くを見ている
軋むレールにいまは からだ預けて揺れてる
愁着駅へ 愁着駅へ 過去を捨てにきたの
迷子が渡す片道切符 あなたに見えますか

ぽつり手酌で飲めば 明日は元気になれそう
愁着駅は 愁着駅は 始発駅に変わる
朝日を浴びた 名もない花が あなたに見えますか

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加