おふくろ

アーティスト青戸健
作詞いではく
作曲岡 千秋
おふくろの涙を初めて見たのは
十五の時の 冬の夜
ふるさと離れる 身仕度荷造りの
手の上ぽたりと 落ちたしずく
思い出したら つらくても がまんができた

おふくろの匂いに初めて気づいた
二十才もすぎた 秋の宵
届いた小包み 綿入れ半てんに
添えてた手紙の かなくぎ文字
ひざをかかえて 泣いたけど 元気がわいた

おふくろの背中が小さくなってた
ふるさと帰った 歳の暮れ
苦労ばかりの 人生だったけど
長生きしてくれ できる限り
おれがこれから 親孝行 願いは ひとつ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加