山内一豊の妻-女の賦

アーティスト鏡五郎
作詞藤間哲郎
作曲山崎幸蔵
二千石でも 百石ぐらし
禄(ろく)をはむより 人を取る
着のみ着のまま なんのその
うしろ姿の 頼もしや
千代は千代です 千代の一生
ああ あなたに決めた

女子(おなご)かしこく なること勿(なか)れ
母のことばを そのままに
生きて戦国 また生きて
二人三脚 いばら道
千代は笑顔で 千代はいくどか
ああ 別れに泣いた

土佐の太守(たいしゅ)の まぶしいお顔
妻の冥利(みょうり)と おがみます
琵琶湖恋しや 長浜が
夢にうつつに 揺れている
千代はあなたと 千代はあの世も
ああ また次の世も

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加