さよならストレンジャー

アーティストくるり
作詞岸田繁
作曲岸田繁
滲む汗 目覚めたら 懐かしい声がする

真っ暗な昼休み 気の抜けたサイダー流し込む

踏切をくぐり抜け 歩くのも喋るのも
どんどん遅くなってく

あの頃僕らはスニーカー脱ぎ捨て
テレビの中から飛び出して行った

腑抜けた腰も破いた地図も
テレビの中僕は息絶えてた

夏が来る 窓を開けた
世界が見えるのは受話器からだけなのさ

心からありがとう 紫陽花に同情流し込む

さよなら さよなら
君の顔 日食みたい
記憶が遠くなってく

さよならストレンジャー 風鈴の音
テレビの中はもぬけのから

さよならストレンジャー 錆びた合鍵
真昼の空へ取られてしまった

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加