遠くへ -1973年・春・20才-

アーティスト浜田省吾
作詞浜田省吾
作曲浜田省吾
やっと試験に受かったと
喜び勇んで歩く並木道
肩にセーターとおろしたてのバスケット・シューズ
長髪をひるがえし駆け上がる校舎

初めてあの娘に出会った朝は
僕は20才でまだキャンパスも春
赤いヘルメットの奥の 瞳に
見透されたようで何とか照れ笑い

遠くへ
遠くへと願った日々
真直ぐに見ておくれ
僕は泣いてる君のために

ポケットの中僅かなバイト料
最終電車を待つプラット・ホームから
あの娘に電話「やあ僕さ 元気かい」
「今から出て来ないか どこかで飲もうぜ」

駅前通りの馴染みの店で
グラスを重ねてそして初めての夜
その日 あの娘の恋が終ったとは
知らない僕もひとり寂しかったし

遠くへ
遠くへと願った日々
真直ぐに見ておくれ
僕は泣いてる君のために

紺と銀色の楯の前で
空を仰いで祈り続けた
「神よ 僕等に力をかして
でなけりゃ今にも倒れてしまいそう」

振り向くと遠くに あの娘の眼差し
笑っているのか 泣き出しそうなのか
違う 違う こんな風に僕は
打ちのめされる為に 生きてきた訳じゃない

遠くへ
遠くへと願った日々
真直ぐに見ておくれ
僕は泣いてる君のために

「星がひとつ空から降りて来て
あなたの道を照らすのよ」と
話してくれた きっとそうだね
いつまでたっても 石ころじゃないさ

遠くへ
遠くへと願った日々
真直ぐに見ておくれ
僕は泣いてる君のために

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加